メルセデスベンツの新モデル『CLE』、2023年1月デビューか? PHEVを初スクープ

メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツが開発を進める新セグメントモデル『CLEクーペ』の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。CLEは『Cクラス』と『Eクラス』のクーペ&コンバーチブルに取って代わる新モデル。これまで多くのプロトタイプを捉えてきたが、今回出現したのは厳冬のフィンランド山中だ。

まだまだカモフラージュが厳重だが、シングルバーを備えるグリル、シャープなヘッドライトが露出。側面では流麗なクーペルーフを見ることができるほか、後部では、ハーフカップ型のLEDシグネチャーが確認できる。

メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)

注目はリアウィンドウに電動モデルを示すイエローステッカーが貼られている点。リアバンパー右側に充電ポートが配置されているため、このプロトタイプがPHEVであることがわかる。メルセデスベンツは、セダンやワゴンなどの4ドアモデルやSUVでは左リアフェンダーに充電ポートを配置するが、『SL』や『GT』などに続き、CLEもリアバンパー右側に配置することが決定したようだ。

キャビン内では、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと縦型の11.9インチのインフォテインメントシステムが装備されている様子がうかがえる。

メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ CLEクーペ プロトタイプ(スクープ写真)

CLEは、Cクラスと同じ「MRA-2」プラットフォームを採用。これにより、両モデルで同じパワートレインを共有できる。おそらく、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載するはずだ。一方PHEVでは、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンと25.4kWhのリチウムイオンバッテリー、および最高出力129psの電気モーターの搭載が予想され、システム合計の最高出力は313ps、最大トルク550Nmと「C300e」と同等のパフォーマンスが期待できそうだ。

CLEのワールドプレミアは、2022年内の可能性も残しているが、2023年1月が有力と見られている。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集