日産 NV350キャラバン、11万4000台をリコール…OBD診断で異常が判定できないおそれ

日産 NV350キャラバン(2017年)
  • 日産 NV350キャラバン(2017年)
  • 対象車種
  • 改善箇所

日産自動車は12月1日、日産『NV350キャラバン』および、いすゞのOEM車『コモ』のエンジン制御コンピュータ(ECU)に不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年6月16日~2021年12月24日に製造された11万4115台。

対象車両のECUは、OBD(車載式故障診断装置)診断の警告灯点灯の設定が不適切なため、特定の診断項目で異常判定時に警告灯が点灯しないおそれがある。

改善措置として、全車両、ECUのプログラムを修正する。

不具合および事故は起きていない。社内からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集