関空特急『はるか』も所定運行へ…ライバルの南海50000系は泉北高速鉄道直通特急にも 11月1日

およそ2年ぶりに所定運行に戻る『はるか』。
  • およそ2年ぶりに所定運行に戻る『はるか』。
  • 『特急泉北ライナー』にも運用される50000系『ラピート』。

JR西日本は10月3日、関西空港アクセス特急『はるか』を11月1日に所定運行に戻すと発表した。

コロナ禍の影響により、2020年9月以降、日中に大幅な減便を行なってきたが、7月1日には一部を再開し1日38本の運行に。今回は「水際対策の緩和に伴い、関西国際空港のご利用増加が見込まれるため」として、10~22時に関西空港駅(大阪府田尻町)に発着する22本を再開し、1日60本、1時間2本の運行に戻る。

一方、『はるか』のライバルである南海電気鉄道(南海)の50000系『ラピート』は5月2日に所定運行となっているが、11月1日からは泉北高速鉄道へ直通する難波~和泉中央間の『特急泉北ライナー』に50000系が運用されることになった。

『特急泉北ライナー』にも運用される50000系『ラピート』。『特急泉北ライナー』にも運用される50000系『ラピート』。

運用列車は平日が63・64・67・70・71・74・75・78・79・82号の5往復、土休日が63・64・67・68・71・72・75・76・79・80・83・84号の6往復で、特急料金は520円(スーパーシートを含む)。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集