VW ゴルフ「8.5」はインテリアを大刷新!? 巨大ディスプレイをスクープ

VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

VWを代表するハッチバック『ゴルフ』の改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。現行型となる8代目は2019年にデビューしており、これが「8.5」世代への大幅改良となる。大きく変わりそうなインテリアの写真とともに、新情報をお伝えする。

捉えたプロトタイプはカモフラージュがない状態で、現行モデルそのままだ。今後アップデートしていくものと思われる。最終的にはエアインテークを含むフロント&リアバンパー、グリル、ヘッドライト&テールライトのLEDグラフィックなどが新設計されるはずだ。またボディカラーの追加、トリム類のリフレッシュ、新デザインのホイールも予想される。

VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

注目はインテリアだ。コックピットにはかなり縦方向に大きくなった大型タッチスクリーンが装着されている。現行モデルはダッシュボードとドライバーズディスプレイが一体化したデザインが特徴だが、今回のそれは真逆を行くもの。写真のユニットは『トゥアレグ』の15インチタッチスクリーンに近いものと思われる。また、デジタルインストルメントクラスターには、新しいグラフィックが表示される可能性もありそうだ。

ディスプレイ下部の角度の付いたベースにはエアコンのタッチセンサーが備わっているように見えるが、詳細は不明だ。

VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)VW ゴルフ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

改良新型では、VWグループで広く使用されている「MQB Evo」アーキテクチャーの進化系を採用。パワートレインに関しては、7月に発表された異なる出力の1.5リットルマイルドハイブリッド「TSI Evo2」の追加が期待できる。

ゴルフ改良新型のワールドプレミアは2023年内で、パフォーマンスに重点を置いたGTI、GTD、GTE、およびRがこれに続くとみられる。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集