マツダ、手動運転装置付きのMX-30とロードスターを出展予定…福祉機器展2022

マツダMX-30セルフエンパワーメントドライビング・ビークル
  • マツダMX-30セルフエンパワーメントドライビング・ビークル
  • マツダMX-30セルフエンパワーメントドライビング・ビークル(インテリア)
  • マツダ・ロードスター・セルフエンパワーメントドライビング・ビークル

マツダは、10月5日~7日に東京ビッグサイトで開催される「第49回 国際福祉機器展 H.C.R.2022」に、手動運転装置付きの『MX-30』および『ロードスター』を出展する。

MX-30 セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル(MX-30 SeDV)」は、手で直感的に加減速を行う「アクセルリング」と「レバーブレーキ」を採用。意のままに操れる手動運転を実現する。また、手動運転とペダルによる運転操作の選択が簡単に行え、友人や家族と運転を交代したり、シーンに応じて運転システムを切り替えてのドライブも楽しめる。また、運転席に座ったままで屋根上のボックスへ車いすを電動収納できるオートボックスや、運転席に座ったままでリアドアを閉めることができるストラップ式リアドアクローズアシストを装備する。

ロードスター セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル(ロードスター SeDV)」は、コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートなどを装備。マツダが掲げる“人馬一体”の走りを象徴するロードスターを手動運転操作で楽しめる。

またブース内には新たに採用した運転システムによる操作感を体験できる「MX-30 SeDVドライビング シミュレーター」を用意。MX-30のコックピットに4K映像の美しい体験コースを組み合わせ、両手でハンドルを握って加速する新しい爽快感を感じることができる。

このほか、障がいがあってもオシャレをしたいとの想いから誕生したジーンズ「Flying Jeans」のプロジェクトメンバーとSeDVの開発主査による、ものづくりへの想いを伝える特別トークセッションを実施する予定だ。


《纐纈敏也@DAYS》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集