『ID. Buzz』が箱型トラックに、VWは宅配便での利用を想定…IAAトランスポーテーション2022

フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ with ボックス
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ with ボックス
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ with ボックス
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ with ボックス

フォルクスワーゲンは9月19日、ドイツ・ハノーバーで開幕した「IAAトランスポーテーション2022」において、新型EVの『ID.Buzzカーゴ』(Volkswagen ID.Buzz Cargo)をベースにした「ID.Buzzカーゴwithボックス」を初公開した。

オランダに本拠を置く特装車メーカーのVETH AUTOMOTIVE社が、架装を施した。ID.Buzzカーゴの車体の後部に、ボックス状の荷物積載スペースを架装している。

最大積載量は680kgに増加した。サイドとリアには、ドア、引き戸、シャッターを取り付けることができる。これにより、宅配便のドライバーなら、積み荷へのアクセス性が向上するという。後部には、大型のウイングドアを装備することも可能だ。最大積載量680kgにも関わらず、最小回転半径は5.5mとし、都市部での配送に配慮している。


《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集