トヨタ GRカローラ に「サーキットエディション」、2023年春米国発売へ

トヨタ GR カローラ の「サーキットエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR カローラ の「サーキットエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR カローラ の「サーキットエディション」(米国仕様)
  • トヨタ GR カローラ の「サーキットエディション」(米国仕様)

トヨタ自動車の米国部門は9月14日、『GRカローラ』(Toyota GR Corolla)の発売記念車として、「サーキットエディション」を2023年春、米国市場に導入すると発表した。

サーキットエディションは、2023年のみの限定生産モデル。ボディカラーはアイスキャップ、スーパーソニックレッド、ヘビーメタルの3色。「モリゾウエディション」と同じく、鍛造カーボンファイバー製ルーフとバルジ付きフードを装備した。前後にトルセンLSDが装備されており、左右の駆動トルク配分を制御して、コーナリング性能とグリップを向上させる。

さらに、リアスポイラー、ヌバック調のスエード素材「Brin-Naub」、赤いアクセント入りのスポーツシート、「MORIZO」 のサイン入り革巻きシフトノブを採用した。

1.6リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンは、米国仕様の場合、最大出力300hp、最大トルク37.7kgmを引き出す。レブマッチング機能を備えた6速「インテリジェント・マニュアル・トランスミッション(iMT)」を組み合わせている。


《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集