アストンマーティン、V12ツインターボ搭載のロードスター発表

アストンマーティン DBR22(手前)と DBR1
  • アストンマーティン DBR22(手前)と DBR1
  • アストンマーティン DBR22
  • アストンマーティン DBR22(手前)と DBR1

アストンマーティンは8月15日、「モントレー・カー・ウィーク2022」に合わせて、『DBR22』(Aston Martin DBR22)を米国カリフォルニア州で発表した。

DBR22は、ビスポーク部門の「Q by Aston Martin」 の10周年を祝うデザインコンセプトモデル。『DBR1』や 『DB3S』など、アストンマーティンの象徴的なレーシングカーを連想させるオープンコックピットの2シーターデザインが特徴だ。

また、車体はカーボンファイバー製で、パワートレインには、強力な V12ツインターボを搭載する。0~96km/h加速は3.4 秒、最高速は318km/hの性能を可能にした。なお、DBR22は、Q by Aston Martinの一部の顧客向けに少量生産される予定、としている。


《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集