「M135i」の改良か、「M140i」の復活か? BMW 1シリーズ 最強グレードに2つの噂

BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在エントリーモデル『1シリーズ』に設定される「Mパフォーマンス」改良新型の開発を進めている。スクープサイト「Spyder7」が、その最新プロトタイプを捉えた。

プロトタイプのフロントエンドは完全にカモフラージュされているが、グリルはほぼ同じサイズで、ヘッドライトが若干スリムになっている。注目はリアのクワッドエキゾーストパイプだ。これは現在の「M135i」には設定されていないもので、よりアグレッシブな外観とパフォーマンスを実現するものとなる。

BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)

そのパフォーマンスについて、このプロトタイプには現在2つの噂が存在している。1つは、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを強化し、最高出力が306psから315psへ向上するというもの。もう1つは、同エンジンをブーストアップし、最高出力は400ps程度へアップされ、M135iの上位に配置される「M140i」になるという説だ。

これが「M135i」の改良モデルだとすると、僅かなパワーアップにクワッドエキゾーストパイプをインストールするのには疑問が残る。「M140i」の車名は2019年のスペシャルモデルを最後に廃止されており、実現すれば3年ぶりの復活となる。

BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)BMW 1シリーズ Mパフォーマンスのプロトタイプ(スクープ写真)

キャビン内の画像はないが、10.25インチのデジタル インストルメント クラスターと新しい『2シリーズアクティブツアラー』からの多くのレイアウトを共有し、10.7インチのインフォテインメントシステムが期待できるだろう。

このパフォーマンスモデルが「M135i」となるか「M140i」となるか。その登場は、早くとも2023年以降と予想される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集