宅配便取扱個数、49.5億個で過去最高を更新…2021年度

宅急便(ヤマト運輸)
  • 宅急便(ヤマト運輸)
  • 宅配便取扱個数の推移

国土交通省が発表した2021年度の宅配便取扱個数は前年度比2.4%増の49億5323万個となり、過去最高を更新した。

インターネット通販市場の拡大で宅配便需要も伸びている。宅配便のうち、トラック輸送が同2.0%増の48億8206個で、98.5%を占めた。

トラック運送については、上位5便で全体の約99.8%を占めており、さらに「宅急便」、「飛脚宅配便」、「ゆうパック」の上位3便で約94.8%を占めている。

「宅急便」は同8.5%増の22億7562万個でトップ。「飛脚便」が同1.6%増の13億6918万個、「ゆうパック」が同9.4%減の9億8858万個だった。


《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集