「ブルースカイヘブン」富士で4年ぶりの復活、よりオープンなライダーの祭典へ 9月17-18日

ブルースカイヘブン 2022
  • ブルースカイヘブン 2022
  • ブルースカイヘブン(2018年開催の様子)
  • ブルースカイヘブン(2018年開催の様子)
  • ブルースカイヘブン(2018年開催の様子)
  • ブルースカイヘブン(2018年開催の様子)
  • ブルースカイヘブン(2018年開催の様子)
  • ブルースカイヘブン(2018年開催の様子)
  • ブルースカイヘブン(2018年開催の様子)

ハーレーダビッドソンジャパンは、全国のハーレーファンが集うライダーの祭典「ブルースカイヘブン」を4年ぶりに復活させ、9月17日・18日の2日間、富士スピードウェイで開催すると発表した。

ブルースカイヘブンは、最大1万台規模のモーターサイクルが日本全国から集結する日本最大級のライダースイベント。2018年まで過去20回にわたり主に富士スピードウェイで開催してきた。2019年は中止となり、翌2020年は会場を苗場スキー場に移し、復活する予定だったが、コロナ禍により延期となっていた。

4年ぶりの復活となる「ブルースカイヘブン2022」はハーレーオーナーのみならず、バイクユーザーすべてにとって、よりオープンで、さらに価値ある「ライダーのお祭り」として「UNITED WE RIDE」の精神を体現するイベントとなる。

ハーレーダビッドソン正規ディーラー各店では、ブルースカイヘブン開催を記念し、7月1日から31日までの1か月間、「Road to Blue Sky Heaven アメリカンフリーダムマンス」と銘打った特別イベントを実施。数量限定の来店記念オリジナルクラッカーを用意し、4年ぶりの「ブルスカ」復活を、アメリカらしい気分で来店客とともに祝うほか、7月4日のアメリカ独立記念日には店舗ごとのイベントを予定している。

なお、ブルースカイヘブンのチケット発売概要(HOG会員向けチケットや早割あり)や、音楽ステージやキャンプ、物販・飲食、モデル展示にパレード等、開催内容の詳細については、公式ウェブサイト等にて7月1日以降に、順次アナウンスしていく。


《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集