BMW R18 をアルミやウッドでカスタム、「マグニフィカ」[詳細写真]

BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ
  • BMW R18 マグニフィカ

BMWモトラッドは6月8日、モナコで開幕した「トップ・マルケス・モナコ2022」において、1台限りのBMW 『R18マグニフィカ』(BMW R 18 Magnifica)を初公開した。

このバイクは、改造の自由度が高いBMW『R18』ならではの特長を利用して、「ラディカルチョッパー」によってカスタマイズされた1台だ。デザインのインスピレーションは、1920~1940年代のビンテージバイク、とくにBMW『R37』に求められたという。R18マグニフィカでは、真鍮やアルミ、ウッドなどの素材を手作業で加工し、カスタマイズが行われた。ウッドを用いたのは、1940年代のBMWの四輪車のウッドステアリングホイールがヒントになっているという。

また、約100kgの軽量化にも取り組んだ。オリジナルモデルの345 kgに対して、重量は約250kgに抑えられる。ホイールはビレットから機械加工された。ブレーキディスクやキャリパーも特別に設計された。テールとシートはワンピース構造となっており、空中に浮かんでいるように見えることを目指した、としている。



《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集