【VW ゴルフGTI 新型試乗】楽しさと安定性を上手に両立させたホットハッチ…渡辺陽一郎

VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI
  • VW ゴルフGTI

フォルクスワーゲン『ゴルフ』にはさまざまなタイプが用意されるが、クルマ好きのユーザーにとって、特に人気の高い仕様が「GTI」だ。初代ゴルフから、各時代を代表するホットハッチとして設定されてきた。

現行GTIは直列4気筒2リットルターボを搭載して、最高出力は245ps(5000~6500回転)、最大トルクは37.7kg-m(1600~4300回転)を発揮する。加速する時の印象は、3.5リットル前後の自然吸気エンジンに近い。1500回転付近の駆動力にも余裕があり、直線的に速度を高める。特に4000回転を超えた領域の吹き上がりも活発だ。

注目されるのはタイヤが路面をつかむ力だ。電子制御式デファレンシャルロックの効果もあり、カーブを曲がり終える手前でアクセルペダルを踏み増しても、内側に位置する前輪が空転しにくい。駆動力が路面へ確実に伝わり、車両を前進させる。

そうなるとカーブを曲がる速度も高まるが、曲がっている最中に危険を避ける操作を行っても、後輪が踏ん張って挙動を乱しにくい。下り坂のカーブを含めて、スポーティな走りの楽しさと安定性を上手に両立させた。

逆に乗り心地は気になる。ショックアブソーバーの減衰力を抑えるコンフォートモードを選んでも、路上の細かなデコボコを伝えやすい。それでもタイヤが路上を跳ねるような粗さはなく、引き締まり感が伴う。GTIを買うユーザーには、好まれる乗り心地だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

渡辺陽一郎|カーライフ・ジャーナリスト
1961年に生まれ、1985年に自動車雑誌を扱う出版社に入社。編集者として購入ガイド誌、4WD誌、キャンピングカー誌などを手掛け、10年ほど編集長を務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向した。「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けている。

《渡辺陽一郎》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集