VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ

フォルクスワーゲンの新型車のティザー写真
  • フォルクスワーゲンの新型車のティザー写真
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ R 新型(参考)
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ R 新型(参考)
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ R 新型(参考)
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ R 新型(参考)
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ R 新型(参考)
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ R 新型(参考)
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ R 新型(参考)

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は1月15日、新型車のティザー写真を公開した。新型車は2月に発表される予定だ。

フォルクスワーゲンはこの新型車について、「NFT」(Notably Fast Transporter=非常に速いトランスポーター)と表現した。そのシルエットから、新型『ゴルフ』がベースと見られる。

新型ゴルフの最強グレードは「ゴルフR」だ。「EA888型」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを、専用チューンして搭載。最大出力は320ps、最大トルクは42.8kgmを獲得する。従来型ゴルフR(欧州仕様)の最大出力310ps、最大トルク40.8kgmに対して、パワーは10ps、トルクは2kgm強化された。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「DSG」を組み合わせた。新型ゴルフRの0~100km/h加速は4.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。0~100km/h加速は従来型の4.6秒に対して、0.1秒短縮された。新型ゴルフRには、オプションで「Rパフォーマンスパッケージ」を用意した。これにより、最高速を270km/hに引き上げることができる。

なお、ティザー写真からは、ルーフスポイラーを装着した新型ゴルフの姿が見て取れる。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集