テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年

テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック

テスラのイーロン・マスクCEOは12月4日、2022年に生産開始予定のEVピックアップトラックの『サイバートラック』(Tesla Cybertruck)の最初のモデルが、4モーター車になるとの見通しを発表した。

サイバートラックは2019年11月に初公開された。サイバートラックは、トラックの実用性とスポーツカーの性能を備えた設計が特徴になる。デザインは、従来のピックアップトラックとは全く異なり、非常に斬新だ。真横から見ると、三角形に見えるデザインとした。また、ヘッドライトとテールランプは、それぞれ横一列につながっている。

サイバートラックには、耐久性と乗員保護性能を追求した強固なボディシェルを導入する。すべてのコンポーネントには、高強度の冷間圧延ステンレス鋼を使用した。装甲ガラスも採用されており、優れた強度と耐久性を備えている。

サイバートラックの仕様として、これまで公表されていたのは、シングルモーター+リアホイールドライブ、デュアルモーター+オールホイールドライブ、トリプルモーター+オールホイールドライブの3種類。シングルモーター+リアホイールドライブ仕様の場合、0~96km/h加速6.5秒以内、1回の充電での航続402km以上の性能を持つ。デュアルモーター+オールホイールドライブ仕様では、0~96km/h加速4.5秒以内、1回の充電での航続483km以上だ。トリプルモーター+オールホイールドライブ仕様の場合、0~96km/h加速2.9秒以内、1回の充電での航続805km以上の性能を発揮する。

イーロン・マスクCEOは、このサイバートラックの最初に生産されるモデルが、これまで公表されていなかった4モーター車になるとの見通しを発表した。トリプルモーター+オールホイールドライブ仕様の0~96km/h加速2.9秒以内の性能を上回ることになりそうだ。マスクCEOは4モーター車について、4輪のトルク制御を独立して行い、レスポンスは超高速、と明かしている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集