アキュラ インテグラ 新型、プロトタイプ発表へ 11月11日

アキュラ・インテグラ 新型のティザー
  • アキュラ・インテグラ 新型のティザー
  • アキュラ・インテグラ 新型のティザー
  • アキュラ・インテグラ 新型のティザー

ホンダの海外向け高級車ブランドのアキュラは11月6日、新型『インテグラ』(Acura Integra)のプロトタイプを11月11日、米国ロサンゼルスで初公開すると発表した。

インテグラは1980~1990年代、日本市場において、若者向けのスポーツクーペ&4ドアハードトップとして人気を集めた。3代目と4代目には、高性能グレードの「タイプR」が設定された。しかし、ホンダは2006年をもって、インテグラの日本国内での販売を終了した。

米国でのインテグラは、アキュラブランドが現地で立ち上げられた1986年3月27日、最初のアキュラの市販車の2車種のうちの1台として導入された。2002年にはモデルチェンジを機に、車名をアキュラ『RSX』(日本名:4代目インテグラに相当)に変更。2006年に販売を終了した。

アキュラは2022年、インテグラを米国市場で復活させる計画だ。16年ぶりに復活を果たす新型インテグラは、5ドアデザインのプレミアムスポーツコンパクトとして、アキュラブランドのラインナップに加わる。トランスミッションには、6速MTを設定する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース