三菱 アウトランダー、ガソリンモデルを豪州で発売 PHEVは2022年上半期投入

三菱 新型アウトランダー
  • 三菱 新型アウトランダー
  • 三菱 アウトランダー PHEVモデル 新型(アウトランダーPHEV)
  • 三菱 アウトランダー PHEVモデル 新型(アウトランダーPHEV)

三菱自動車は11月1日、新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』のガソリンエンジンモデルを豪州で発売した。PHEVモデルは2022年上半期の投入を予定している。

新型アウトランダーは「威風堂堂」を商品コンセプトに掲げた、三菱自動車のフラッグシップモデル。次世代の「ダイナミックシールド」コンセプトを採用したフロントデザインや大径20インチタイヤによって力強く存在感のあるスタイリングを実現し、室内空間は3列7人乗りシートの採用に加えて上質感にもこだわっている。また、新開発プラットフォームや進化した電子制御4WDとS-AWC(車両運動統合制御システム)によって、様々な路面状況で安心・安全に走行できる。

既に販売を開始している北米では、高い質感のインテリアが評価されて「2021ワーズ10ベストインテリア」を三菱自動車として初受賞するなど高い評価を得ている。三菱自動車はこのフラッグシップモデルを同社事業のコア地域の一つとして位置づける豪州・ニュージーランドに投入し、プレゼンス向上を図る。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース