レンジローバー、SVOがデザイン・架装を手掛けた限定モデルの受注開始

レンジローバー SV ゴールデンエディション
  • レンジローバー SV ゴールデンエディション
  • レンジローバー SV ゴールデンエディション
  • レンジローバー SV ゴールデンエディション

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV『レンジローバー』に特別仕様車「ゴールデンエディション」を設定し、10月15日より限定5台で受注を開始した。

レンジローバー SV ゴールデンエディションは、ランドローバーの高性能モデルやビスポークオーダーを専門に手掛ける、スペシャルビークルオペレーションズ(SVO)が日本向けにデザイン・架装を手掛けた特別仕様車。ベースモデルは5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載した「レンジローバー オートバイオグラフィー」となる。

エクステリアは特注色の「SVビスポーク(ブルー)」を採用し、フロントバンパーフィニッシャー、サイドベントグラフィック、サイドアクセントグラフィック、テールゲートフィニッシャーにゴールドのアクセントを施した。インテリアはブラックで統一。さらにSVOモデルであることを強調するクロームバッチをBピラーにレイアウトし、高級感を際立たせながらも個性あふれるモデルに仕上げている。

また、安全なドライブをサポートする多彩なシステムを網羅したドライバーアシストパックを装備。空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)、ウェアラブル技術を活用した耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー(ウォータープルーフ仕様)など、快適性を高める厳選したアクセサリーも装備している。

価格は2321万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース