3億円超え確実!? フェラーリ新シリーズ「Icona」、第2弾は11月公開か

ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)
  • ラ・フェラーリがベースの開発車両(スクープ写真)

フェラーリは2018年9月、新シリーズ「Icona」初のモデルとして、『モンツァSP1』と『モンツァSP2』を発表したが、その第二弾となる新型モデルを11月に発表する可能性が高いことがわかった。

モンツァSP1は、ドライバーに焦点を当てたシングルシートロードカーで、モンツァSPはドライバーとパッセンジャーに走る喜びを与えてくれる2シーターオープンだ。どちらも「812スーパーファスト」をベースに専用のレトロデザインが与えられている。

最新情報によると、新型モデルは1967年の「330P4」レースカーにインスパイアされたデザインが有力だという。伝えられるところによると、心臓部には「812コンペティツィオーネ」から流用される6.5リットルV型12気筒自然吸気エンジンを搭載、最高出力は830ps、最大トルク692Nmを発揮、純粋な燃焼動力で、ハイブリッドアシストは持たない見込みだ。

2021年5月には、フェラーリのテクニカルボスであるマイケル・レイターズ氏は、より強力なV型12気筒を開発中と述べており、その関連性が気になるところだ。新型「Icona」は、「ラ・フェラーリ アペルタ」に基づいており、330P4スパイダーのようなオープンルーフスタイルが予想される。

SP1とSP2は限定500台が販売されたが、新型Iconaではさらに縮小、限定300台程度で販売される可能性がありそうだ。また当然のことながら、超高級フェラーリとして、250万ドル(約2億7千5百万円)から300万ドル(約3億3千万円)の間になることは確実だろう。

Spyder7では、これまでラ・フェラーリをベースとした開発車両をスクープしており、それが次世代ハイパーカーと予想していたが、実は新しいIcona開発車両だったのかも知れない。

新モデルのワールドプレミアは、2021年11月の「Finali Mondiali 2021」と予想される。

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース