伊藤忠、いすゞなどとバッテリー交換式電気トラックを共同開発へ

伊藤忠商事は9月21日、パートナー企業と連携してバッテリー交換式電気トラックと搭載するバッテリーパック及びバッテリーパック交換ステーションを開発すると発表した。

プロジェクトでは、バッテリー交換式トラックを開発することで商用車の電動化を推進し、同時に再生エネルギー由来の電力の活用を目指すことで、持続可能で地域貢献型の脱炭素型交通・物流モデルの構築を目指す。

プロジェクトには、伊藤忠のほか、いすゞ自動車、JFEエンジニアリング、エッチ・ケー・エス、ファミリーマートの4社が共同参画する。実証事業では、2022年度下旬から2024年度末にかけて開発したトラックをファミリーマートの配送車として運用し、埼玉県の三郷中央定温センターから各ファミリーマート店舗までの走行実証する。

電気自動車は航続距離や充電時間、充電インフラ、価格といった課題を抱えており、特に稼働時間の長い商用車ではバッテリーの充電に一定の時間を要することから、充電器の運用に課題があり、商用車のEV化が進んでいない。プロジェクトを通じて商用車の電動化を進める。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース