北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種

北米カーオブザイヤー主催団体は9月21日、「2022北米SUVオブザイヤー」(2022 North American Utility of the Year)の第2次選考9車種を発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2022北米SUVオブザイヤーの第2次選考9車種は以下の通り。

●フォード・ブロンコ
●ジェネシスGV70
●ヒュンダイ・アイオニック5
●ヒュンダイ・ツーソン
●ジープ・グランドチェロキーL
●ジープ・ワゴニア/グランドワゴニア
●キア・カーニバル
●日産パスファインダー
●フォルクスワーゲンID.4

日本メーカーでは、日産から『パスファインダー』新型の1車種のみが選ばれた。初代パスファインダーは、1986年にデビューした。『テラノ』の北米・中東向け仕様が、パスファインダーを名乗った。新型は5世代目モデルで、米国市場ではミドルクラスのSUVに属する。

また、ジープブランドからは、新型『グランドチェロキーL』と『ワゴニア』/『グランドワゴニア』の新型が、第2次選考に駒を進めた。フォードモーターの伝統のオフローダー、フォード『ブロンコ』新型と、フォルクスワーゲンの電動SUV『ID.4』も、第2次選考に残っている。

2022北米SUVオブザイヤーは2021年1月、米国で発表される予定だ。前回は、フォード『マスタング』シリーズのEV、『マスタング・マッハE』が獲得している。

《森脇稔》
【画像】北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種(6枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース