オペル、EVブランドに---2028年から欧州で

オペル・モッカe とミヒャエル・ローシュラーCEO
  • オペル・モッカe とミヒャエル・ローシュラーCEO
  • オペル・マンタe コンセプト のイメージスケッチ
  • オペルの電動化戦略
  • オペル・マンタA(初代)
  • オペル・マンタB(2代目。レース仕様)

オペル(Opel)は2028年から、欧州市場でEVのみを販売する。7月9日、オペルが発表した。

オペルは現在、ステランティスの傘下にあり、大規模な電動化攻勢に取り組んでいる。オペルのラインナップにおける電動モデルは、2021年現在で9車種。すべてのラインナップに、2024年までに電動モデルを設定する計画だ。

その後、欧州では2028年から、オペルはEVのみをラインナップするEVブランドになる。また、世界最大の新車市場の中国への再参入も計画されており、中国でもオペルはピュアEVブランドに位置付けられるという。

また、オペルは、初代モデルが1970年に発表された『マンタ』を復活させる。オペルは新型マンタをEVとして復活させ、2020年代の半ばまでに量産化する計画だ。

オペルのミヒャエル・ローシュラーCEOは、「自動車産業の未来は電気であり、オペルはその一部。オペルを再構築し、若くてグリーンでグローバルなブランドに変身させる」と述べている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集