OGK、クールな新型フルフェイス「SHUMA」に初のグラフィックモデルを設定

オージーケーカブトは、6月より販売を開始したKabutoの新型フルフェイス「SHUMA(シューマ)」に初のグラフィックモデル「SHUMA FROZE(シューマ フローズ)」を設定し、6月下旬より発売する。

SHUMAは、走行した瞬間から風を感じることができる、新設計のクーリングシステム「ウルトラクールシステム」を搭載。同社が長年培ってきた風洞実験やCFD解析により、走行時のヘルメットの角度に対し、同システムが最適な向きになるようレイアウト。エア導入を二手に分け、上方向へはシールドの曇りを軽減し、正面方向へは口元へダイレクトにエアを導入。低速域から風を感じることができるインパクトのある涼しさを実現した。

今回追加するFROZEは、SHUMA最大の特徴であるクーリング性能をイメージした幾何学模様と、通り抜ける風をダイナミックに描いたラインを組み合わせ、インパクトのある涼しさをグラフィックで表現した。

カラーは、ブラックレッド、フラットブラックイエロー、ブラックブルーの全3色。サイズはXS(54-55cm)、S(55-56cm)、M(57-58cm)、L(59-60cm)、XL(61-62cm未満)の5種類。価格は3万1900円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース