カブリオレは死なず…メルセデスベンツ Cクラス 新型、2ドアオープン設定が確実に

メルセデスベンツの主力モデル、『Cクラス』のバリエーションとなる『Cクラスカブリオレ』新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

今年2月にCクラス新型が登場した際、最新世代では2ドアモデルである「クーペ」や「カブリオレ」が廃止されるのではとも噂されていたが、ついに実車のプロトタイプをキャッチ。カブリオレの設定が確定となった。同時にクーペの登場も間違いないと見て良いだろう。

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプは、分厚いカモフラージュとクラッディングでボディの大部分を隠しており、開発初期段階であることを示している。またルーフはハードドップルーフを隠しているようにも見える球根状の黒いラップで覆われているが、これまでと同様にソフトトップが提供される可能性が高い。

メルセデスベンツ Cクラスカブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ Cクラスカブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
フロントマスクにはダミーヘッドライトを装着、リアエンドでは暫定ユニットのテールライトが確認できるが、セダンと差別化されるデザインとなるか注目だ。

キャビン内は、フルデジタルインストルメントクラスタ、大型インフォテイメントディスプレイなどCクラスセダンのレイアウトが反映されるはずだ。パワートレインは最強のAMGバリエーションを含め、セダンとステーションワゴンで利用可能なガソリンとディーゼルエンジンをラインアップすると思われる。

一方で、最高出力169psを発揮する1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ+マイルドハイブリッドのエントリーモデルは除外される可能性もあるという。

Cクラスカブリオレ新型のワールドプレミアは、2022年後半と予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース