公開直前?テックアート『GTストリートR』新型、そのスペックとは

テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ドイツを拠点とし、ポルシェのチューニングを専門に手掛ける「TECHART」(テックアート)が開発を進める『GTストリートR』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

GTストリートRはテックアートが2016年、ポルシェ『911ターボS』をベースにしたチューニングカーとして発表された。今回目撃した車両は、その後継モデルとなる。

シュトゥットガルトのダウンタウンパーキングで捉えたプロトタイプは、911 GT3のように大きなインテークを備えたカーボンファイバー製のフロントフードを装備。フロントのリフトが大幅に減少することにより、911ターボSより大幅にエアロダイナミクスが改善されている。またエアベントを備えるワイドなフロントフェンダー、新設計されたバンパーも確認できる。

テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)テックアート GTストリートR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
リアエンドには、アグレッシブなバンパーと新形状のディフューザーを装備。このディフューザーには1対の巨大なセンターエキゾーストパイプがインストールされている。しかし、後部で最大の変化は、カーボンファイバー製スポイラーだ。ワイドかつワイルドなウィングは、ダウンフォースを最大化しているという。また、足回りにはカーボンファイバーエアロダイナミクスディスクを備えた「FormulaVI」レースホイールで武装している。

車内にはロールバー、スポーツシート、専用のステアリングホイールを装備し、カーボンファイバートリム、アルカンターラなど専用デザインになることも間違いない。

その心臓部には進化したターボチャージャーを搭載。2016年モデルでは最高出力770ps、最大トルク920Nmを発揮したが、新型モデルでは、最大800psへと向上すると予想される。

新型GTストリートRのワールドプレミアは、今後数週間以内とみられている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集