ランドローバー ディフェンダー、2021ワールドカーデザイン賞に… ホンダe とマツダ MX-30 を抑える

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月20日、「2021ワールドカーデザインオブザイヤー」を、ランドローバー『ディフェンダー』新型に授与すると発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2019年秋から2020年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は2021年春までに、世界の少なくともひとつの市場で販売されていること。世界28か国、93名のジャーナリストに7名のデザインの権威が加わり、審査を行った。

2021ワールドカーデザインオブザイヤーの結果は、以下の通り。

●ランドローバー・ディフェンダー(299点)
●ホンダe(239点)
●マツダMX-30(197点)

ランドローバーのディフェンダー新型が、マツダの新型SUVの『MX-30』とホンダのコンパクトEVの『ホンダe』を抑えて、2021ワールドカーデザインオブザイヤーに選ばれた。ランドローバーによると、新型ディフェンダーは、そのDNAとオフロード性能を維持しながら、エンジニアリング、テクノロジー、デザインの限界を引き上げ、21世紀のディフェンダーを目標に開発されたという。

ワールドカーデザインオブザイヤーの過去4年の結果は、古い順に、ジャガー『F-PACE』、ランドローバー『レンジローバー・ヴェラール』、ジャガー『I-PACE』、マツダの『マツダ3』が受賞している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース