スズキ スイフト、インド市場でベストセラーに 2020年

スズキのインド子会社のマルチスズキは1月23日、『スイフト』(Suzuki Swift)が2020年、インドで16万0700台以上を販売し、インドのベストセラー車になった、と発表した。

マルチスズキは2018年1月、インド市場において、インドで現地生産した現行スイフトの販売を開始した。インド向けの現行スイフトのエンジンは、ガソリンが1.2リットル、ディーゼルが1.3リットルで、トランスミッションは5速MTとAGS(オートギアシフト)が選択できる。

現行スイフトは、インド現地生産車としては、3世代目モデルだ。車両の組み立ては、インド・グジャラート工場で行われている。スイフトは2020年、インド発売15周年を迎えており、累計販売台数は230万台以上に到達している。

また、スイフトは、歴代3モデルがすべて、インドカーオブザイヤーを受賞した。初代は2006年、2代目は2012年、現行の3代目は2019年、インドカーオブザイヤーに輝いた。マルチスズキによると、スイフトはインドカーオブザイヤーを3回受賞した唯一の車になるという。

マルチスズキは、スイフトの顧客は35歳以下がおよそ53%。テクノロジーに通じた機能や、コストパフォーマンスの高さ、スポーティなデザインを備えた新時代の車としての地位を確立した、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ルノーの新型コンパクトSUV『キガー』、インドから1月28日発表 画像 ルノーの新型コンパクトSUV『キガー』、インドから1月28日発表
  • 日産『マグナイト』、予約受注が5日間で5000台超え…購入検討者は5万人以上 画像 日産『マグナイト』、予約受注が5日間で5000台超え…購入検討者は5万人以上
  • トヨタ『アーバンクルーザー』、スズキからの現地OEM第2弾…インドで出荷開始 画像 トヨタ『アーバンクルーザー』、スズキからの現地OEM第2弾…インドで出荷開始
  • キング・カズ、「どこまでも、全力少年」…ガリバーのブランドアンバサダーに就任 画像 キング・カズ、「どこまでも、全力少年」…ガリバーのブランドアンバサダーに就任

特集

おすすめのニュース