ポールスター初のEV、カーオブザイヤー受賞…EV普及先進国ノルウェーで

ボルボカーズ傘下の高性能車開発メーカーのポールスターは12月1日、ブランド初のEVの『ポールスター2』(Polestar 2)が、「ノルウェーカーオブザイヤー」を受賞した、と発表した。

ポールスターの第1号車となるのが、高性能PHVクーペ『ポールスター1』だ。続くポールスター2は、ポールスター初のピュアEVで、テスラ『モデル3』などと競合するミッドサイズEVスポーツセダンとなる。

ポールスター2は、「プレミアムな5ドアファストバックEV」をテーマに開発された。車台は、ボルボカーグループの「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォームがベースとなる。

EVパワートレインは、前後にそれぞれモーターを搭載し、4輪を駆動する。2つのモーターは合計で、最大出力408hp、最大トルク67.3kgmを引き出す。強力なモーターを搭載するポールスター2は、0~100km/h加速5秒以下の性能を発揮する。27個のモジュールで構成されるバッテリーパックは床下にレイアウトされ、蓄電容量は78kWhだ。1回の充電での航続は、最大470km(WLTPサイクル)の性能を持つ。

このポールスター2が、ノルウェーカーオブザイヤーを受賞した。同賞は、ノルウェーの新聞最大手、『ダグブラデット』(Dagbladet)が毎年主催している。審査員は、専門家、ジャーナリスト、ノルウェーのEV協会のメンバーで構成されており、彼らはポールスター2を、「リーズナブルな価格で、運転する大きな喜びを備えている」と評価した。

ノルウェーはEVの購入に、助成金を支給している。これにより2017年以来、ノルウェーでのEVのシェアは2倍以上に拡大し、現在ではおよそ50%に到達している。また、ノルウェー政府は、電動車の購入を支援する税制、充電インフラストラクチャの充実などによって、EVユーザーをサポートしている。これらすべてが、ノルウェーを世界で最もEVが普及している国に押し上げた。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダe、ドイツカーオブザイヤー受賞…日本車初 画像 ホンダe、ドイツカーオブザイヤー受賞…日本車初
  • ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021 画像 ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021
  • トヨタのハイブリッドミニバン、シエナ 新型…ファミリーグリーンカーオブザイヤー受賞 画像 トヨタのハイブリッドミニバン、シエナ 新型…ファミリーグリーンカーオブザイヤー受賞
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース