スバル レヴォーグ 新型、比較すべきはまず従来型?

『月刊自家用車』10月号
発行:内外出版社
定価: 880円(本体800円+税)

8月末売りの自動車雑誌はどこもスバル『レヴォーグ』新型が表紙を飾る。『月刊自家用車』10月号によると「その走り、別次元!?」だという。スバル車は歴代を乗り続けるファンが多いそうで、新旧レヴォーグを全方位比較している。

「ヤリスクロス大解剖」では比較検討3連発。対象は姉妹車のトヨタ『ヤリス』、新作の日産『キックス』、同門対決でダイハツ『ロッキー』の3車種だ。

「新型キックス実力CHECK」では5大ライバルと対決。相手は前出のトヨタ・ヤリスクロス、トヨタ『C-HR』、ホンダ『ヴェゼル』、マツダ『CX-3』、トヨタ『ライズ』(&ダイハツ・ロッキー)となる。

気になる見出し……●レヴォーグのすべて●SUV最前線●ヤリスクロス大解剖●新型キックス実力CHECK●新型MX-30●ハリアー 7大ポイントに迫る●タフト&ロッキー再検証●名車探訪 HONDAプレリュード●月刊電気自動車 ホンダe間もなく登場!『月刊自家用車』10月号『月刊自家用車』10月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍・雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース