スバル レヴォーグ に新世代の走り、ロングストローク&超希薄燃焼エンジン

『月刊自家用車』12月号
発行:内外出版社
定価: 880円(本体800円+税)

『月刊自家用車』12月号の巻頭特集は「大攻勢!SUBARU計画」、そのトップを飾るのが正式デビューした『レヴォーグ』だ。リードに続いて本文は「SGP×新エンジンが生む新世代の走り」から始まる。新型レヴォーグの特徴の一つが、モデルチェンジで導入された新型エンジンなのだ。

三菱の改良新型『エクリプスクロス』も最近の媒体誌面を賑わせているニューモデルで、『月刊自家用車』12月号ではPHEVのサーキットTESTを訴求している。

古い車を紹介する「名車探訪」はスバルの『アルシオーネ』。新型レヴォーグが注目されているご時世、同じスバルのアルシオーネや『SVX』がフィーチャーされる機会が多い。軽自動車から撤退してしまった今は、『R-2』や『R1』で記事を作るのは難しいか。同じく歴史もので最近登場することの多い日産『フェアレディZ』は、12月号ではもう見られない。スバル・アルシオーネスバル・アルシオーネ

気になる見出し……●大攻勢!SUBARU計画●[新型]レヴォーグ完全読本●[新型]フォレスター詳報●[新型]インプレッサスポーツ注目2グレード徹底比較●SUBARU未来戦略に迫る●MAZDA MX-30のすべて●エクリプスクロスPHEV先取りサーキットテスト●名車探訪 SUBARUアルシオーネ『月刊自家用車』12月号『月刊自家用車』12月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍・雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介させていただきます。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース