MINI クーパーS コンバーチブル 改良新型、ニュルに初見参!これが最終デザインだ

MINIは現在ラインアップの刷新を図っているが、高性能オープンモデル『クーパーS コンバーチブル』改良新型のプロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルで捉えた最新プロトタイプは、これまで厳重に隠されていたフロントバンパー部分が露出していた。カバーの下には拡大されたグリル、新設計されたバンパー、エアスプリッター付きコーナーエアインテークが備わる。

リアエンドではバックフォグが排気口上部へ移動され、サイドマーカーが新形状に。またディフューザーとセンターマウントのデュアルエキゾーストパイプが組み込まれたスポーティなバンパーを確認することができる。

MINI クーパーS コンバーチブル 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)MINI クーパーS コンバーチブル 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
キャビン内は、「MINI JCW GP」やEVの「MINI S E」で導入されたデジタルユニットでダッシュボードがアップグレードされる。

パワートレインは2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンをキャリーオーバー。最高出力192ps、最大トルク280Nmを発揮する。標準の6速MT、オプションの7速DCTを組み合わせ、0-100km/h加速7秒未満のパフォーマンスを発揮する。

クーパーS コンバーチブル改良新型のデビューは、最速で2020年内、あるいは2021年初めと予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース