自動運転技術開発のTRI-AD、2021年より新体制へ移行 3社分社化で事業拡大へ

ウーブン・プラネット・ホールディングス グループ
  • ウーブン・プラネット・ホールディングス グループ

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は、2021年1月より、持株会社ウーブン・プラネット・ホールディングスおよび事業会社ウーブン・コア、ウーブン・アルファの新体制へ移行すると発表した。

TRI-ADは自動運転技術の実用化に向けた高品質なソフトウェアを提供するため、2018年3月、トヨタ、デンソー、アイシンの共同出資により日本橋に設立。以来、最新の高度運転支援技術「Teammate」の開発を主導するなど、大きな成果をあげてきた。今回、さらなる事業の拡大・発展を目的に、持株会社1社、事業会社2社とする新体制への移行を決定した。

持株会社のウーブン・プラネット・ホールディングスは、グループ全体に対する戦略的意思決定、パートナーとの協業拡大、新事業機会の創出および事業会社に対するシェアドサービスの提供を行う。

事業会社のウーブン・コアはトヨタグループの自動運転技術の開発を引き続き担い、自動運転技術の開発、実装、市場導入・普及を通じてさらなる価値の提供をめざす。ウーブン・アルファはWoven City(ウーブン・シティ)、Arene(アリーン)、Automated Mapping Platform(AMP)など、既存のトヨタ自動車の事業領域を超えた新たな価値を創造する事業機会を探索し、革新的なプロジェクトを立ち上げ推進する。

新体制への移行により、同社のソフトウェア開発能力を効率的かつ効果的に強化し、自動運転、安全技術、モビリティ、Woven Cityを通じて新たな価値を生み出し続けるために、よりアジャイルな「ソフトウェアファースト」の開発プロセスおよびSoftware Defined Architecture(ソフトウェア定義アーキテクチャ)に注力していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • FCAとグーグル「ウェイモ」、自動運転の提携を拡大…商用車の分野にも 画像 FCAとグーグル「ウェイモ」、自動運転の提携を拡大…商用車の分野にも
  • ラストマイル自動運転車のシステムのガイドライン 国交省が策定 画像 ラストマイル自動運転車のシステムのガイドライン 国交省が策定
  • 首都高を網羅する自動運転AI用データセット、ZMPが発売 画像 首都高を網羅する自動運転AI用データセット、ZMPが発売
  • コンチネンタルが自動運転を強化、事業部に新トップ 8月1日付けで就任 画像 コンチネンタルが自動運転を強化、事業部に新トップ 8月1日付けで就任

特集

おすすめのニュース