カルマの次世代電動車向け車台、ピックアップトラックにも拡大展開へ

バッテリーの蓄電容量は80kWh

発電専用エンジン併用で航続は最大797kmが目標

同じ車台から最大22のバリエーションが展開可能

カルマの次世代電動車向け車台「カルマEフレックス」
  • カルマの次世代電動車向け車台「カルマEフレックス」
  • カルマの次世代電動車向け車台「カルマ Eフレックス」
  • カルマの次世代電動車向け車台「カルマ Eフレックス」
  • カルマの次世代電動車向け車台「カルマEフレックス」
  • カルマの次世代電動車向け車台「カルマ Eフレックス」
  • カルマの次世代電動車向け車台「カルマ Eフレックス」

カルマオートモーティブ(Karma Automotive)は5月14日、2モーター全輪駆動(AWD)と、レンジエクステンダーEVアーキテクチャを備えた最新の「カルマEフレックスプラットフォーム」を発表した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『レヴェーロGT』などを生産・販売している。

バッテリーの蓄電容量は80kWh

この最新のカルマEフレックスプラットフォームでは、幅広い車種に導入できるレンジエクステンダーEVとフルEV向けのローリングシャシーを使用している。カルマオートモーティブの今後の技術的方向性を示唆するために設計された5つのデモプロジェクトの最終作だ。

カルマオートモーティブのカルマEフレックスプラットフォームは、幅広いソリューションを視野に設計されており、ピックアップトラックやSUV、ラストマイル配送車などに使用できるという。

「AWD エクステンディッドレンジ」と名付けられたカルマEフレックスプラットフォームでは、フロントとリアにそれぞれモータードライブユニットを搭載し、4輪を駆動する。このプラットフォームには、カルマオートモーティブが新開発した炭化ケイ素(SiC)インバーターeドライブシステムが採用されており、蓄電容量80 kWhのフラットフロアバッテリーが搭載された。1回の充電での航続は、最大386kmを達成することを目標にしている。

発電専用エンジン併用で航続は最大797kmが目標

また、バッテリー残量が少なくなると、発電専用のエンジンが始動する。バッテリーを充電するとともに、モーターに電力を送る。これにより、航続を最大797kmへ伸ばすことを目指している。

すべてのカルマオートモーティブのカルマEフレックスプラットフォームは、独自のテクノロジー、製造、設計サービスを活用して、革新的な電動モビリティソリューションをパートナーに提供するという。カルマ Eフレックスプラットフォームを使用すると、自動車メーカーは開発コストを抑えながら、フルEVやレンジエクステンダーEVを設計、テスト、開発でき、より速くかつ効率的に車両を電動化できるという。

同じ車台から最大22のバリエーションが展開可能

AWD エクステンディッドレンジと名付けられたカルマEフレックスプラットフォームは、すべてのカルマEフレックスプラットフォームの中で最も長い航続を可能にしており、さまざまな市場ニーズに合わせて実用化できる。たとえば、ピックアップトラックに組み合わせた場合、このプラットフォームのレンジエクステンダーEVテクノロジーにより、より急な勾配を登ったり、すべての走行パターンでより優れたパフォーマンスを得たりすることができるという。

カルマEフレックスプラットフォームは、カリフォルニア州モレノバレーにある同社の工場、「カルマイノベーション&カスタマイズセンター(KICC)」で開発されている。すべてのカルマEフレックスプラットフォームは、市販モデルのレヴェーロGTで実績のあるテクノロジーを搭載する。具体的には、モーター、ギアボックス、サスペンション、サブフレーム、ステアリング、ボディ構造部品などだ。部品は、160万kmを超えるテストと市場での検証を経ている。カルマのノウハウと車両テクノロジーが、各プラットフォームに搭載されている。

カルマ Eフレックスプラットフォームは、自動運転のユーティリティバンから、高性能スーパーカーまで、幅広い車種に対応できる柔軟性を備えているのが特長だ。カルマオートモーティブによると、カルマ Eフレックスプラットフォームは、さまざまなバッテリーやモーター駆動ドライブシステムをカバーする最大22のバリエーションが展開可能という。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラが“防弾Tシャツ”を販売…サイバートラックの窓は割れたけど? 画像 テスラが“防弾Tシャツ”を販売…サイバートラックの窓は割れたけど?
  • GM、テスラ サイバートラック に対抗…電動ピックアップトラック市場に2021年参入へ 画像 GM、テスラ サイバートラック に対抗…電動ピックアップトラック市場に2021年参入へ
  • フォードモーター、電動ピックアップトラック市場に参入へ…テスラ サイバートラック に対抗 画像 フォードモーター、電動ピックアップトラック市場に参入へ…テスラ サイバートラック に対抗
  • ロータス、初のEVハイパーカーを蓄電池として活用へ…英エネルギー企業と提携 画像 ロータス、初のEVハイパーカーを蓄電池として活用へ…英エネルギー企業と提携

特集

おすすめのニュース