【アルピーヌ A110S】“S”が意味するのは、ラインアップ最高のピュアスポーツ[詳細画像]

アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S

ルノー傘下として2016年に復活を遂げ、2018年に日本に上陸を果たしたフランスのスポーツカーブランド、アルピーヌ。『A110』の高性能モデル『A110S』は、エンジンの高出力化に加えサスペンションの新チューニング、シャシー設計の見直しによってより良いハンドリングを実現。ラインアップ最高のピュアスポーツを謳う。

エンジンは、ベースモデルと同じく1.8リットル直列4気筒直噴ターボエンジンをリアミッドに搭載。ブースト圧を0.4bar高めることで、最大出力はベース比40ps増の292ps。最大トルクはベース車両と同じく320Nmだが、2000-6400rpmという幅広い回転域を持つ。


搭載されるトランスミッションは、レスポンスに優れる電子制御7速ATを採用。また、3.8kg/psというパワーウェイトレシオを実現し、0-100km/h加速では4.4秒を達成した。

全高を4mm下げ、新設計のスポーツシャシー、剛性が50%向上させたダブルウィッシュボーン式サスペンションと100%硬化されたアンチロールバーを採用。ブレーキには、ブレンボ製の高性能モデルを採用している。カーボンルーフの採用もポイントだ。ボディサイズは、全長4205×全幅1800×全高1250mm。


スポーツタイプのD型ハンドルを採用し、モードセレクターを装備している。「ノーマル/スポーツ/トラック」モードの切り替えにより、スロットルレスポンスやギアシフトプログラム、エンジンサウンドなどが変更される。

ステアリング背面のシフトパドルはアルミニウム製。また、サベルト社製の軽量モノコックバケットシートを採用し、ダイナミカ素材のシートクッションを装備しオレンジのステッチがアクセントに加えられている。標準装備される7インチマルチファンクションタッチスクリーンは、スマートフォンと連携することでタッチスクリーンから各種アプリにアクセスすることが出来る。


そのほかの外観上の違いは、ロゴマークがメッキからマットブラックに変更されていること、また内装にオレンジのステッチなどアクセントが加えられている程度だ。

ボディカラーは、「ブラン イリゼ」と「ブルー アルピーヌ」、「グリ ネール マット」の3色。ブラン イリゼとブルー アルピーヌのボディには、フックス社製18インチ鍛造ホイールを標準装備し、オレンジで塗装されたキャリパーがホイールから覗く。グリ トネール マットには、ブラック仕上げの18インチアロイホイールを標準装備している。


価格は899万円、グリトネールマットは注文生産で939万円となっている。

《滑川寛》

編集部おすすめのニュース

  • 【アルピーヌ A110S 新型試乗】筑波2ラップでもわかる「楽しいクルマの原点」がここにある…諸星陽一 画像 【アルピーヌ A110S 新型試乗】筑波2ラップでもわかる「楽しいクルマの原点」がここにある…諸星陽一
  • ニュル最速ラップのDNAを受け継いだ、ルノー メガーヌR.S.トロフィー[詳細画像] 画像 ニュル最速ラップのDNAを受け継いだ、ルノー メガーヌR.S.トロフィー[詳細画像]
  • 【スバル WRX STI EJ20ファイナルエディション】さらばEJ20エンジン、30年目の集大成[詳細画像] 画像 【スバル WRX STI EJ20ファイナルエディション】さらばEJ20エンジン、30年目の集大成[詳細画像]
  • 【トヨタ ヤリス 新型】MTも設定!新開発の1.5Lエンジン搭載モデル[詳細画像] 画像 【トヨタ ヤリス 新型】MTも設定!新開発の1.5Lエンジン搭載モデル[詳細画像]

特集

おすすめのニュース