マツダ CX-30 と MX-30、レッドドット賞に輝く…ドイツ工業デザイン賞

マツダ CX-30(欧州仕様)
  • マツダ CX-30(欧州仕様)
  • マツダ MX-30(欧州仕様)
  • マツダ MX-30(欧州仕様)

マツダ(Mazda)の欧州部門は3月31日、『CX-30』と『MX-30』 が、「レッドドット:プロダクトデザイン2020」を受賞した、と発表した。

「レッドドット賞」は、ドイツの「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」が主催しており、およそ60年の歴史を持つ世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつだ。世界各国から応募された自動車など幅広いカテゴリーの工業製品から、デザインの革新性、機能性、人間工学などの9つの基準に基づき審査され、クオリティの高いデザインにレッドドット賞が贈られる。

このレッドドット:プロダクトデザイン2020を、CX-30とMX-30が受賞した。CX-30には、最新の魂動デザインが導入されており、伝統的な日本の美学に根ざした芸術的なデザインを取り入れた。具体的には、ボディ上部にスリムで伸びやかなプロポーションと、下部の幅広クラッディングパネルによるSUVらしい力強さと安心感を同時に表現する。書道の筆づかいの動きに着想を得て、フロントフェンダーからリアタイヤへとスピード感ある弧を描いたショルダー部は、ひと筆書きの強い光で動きを表現。その下のボディ面は、クルマの動きとともに周囲の景色がS字型に揺らめきながら映り込む、光の移ろいを表現している。

マツダ初の量産EVがMX-30だ。マツダのデザインテーマの魂動のもと、「Car as Art」として、さらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦した。人の手が生み出す美しい造形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、将来に向けた価値観の変化や、新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、ヒューマンモダンをコンセプトに、そのデザインを作り上げている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ CX-30】柳澤チーフデザイナー「世界で最も美しいクロスオーバーを目指した」 画像 【マツダ CX-30】柳澤チーフデザイナー「世界で最も美しいクロスオーバーを目指した」
  • 【マツダ MX-30】「光の動きを引いて、魂動デザインの壁を押し広げた」前田育男常務[インタビュー 前編] 画像 【マツダ MX-30】「光の動きを引いて、魂動デザインの壁を押し広げた」前田育男常務[インタビュー 前編]
  • ホンダe、独レッドドットデザインで最高位賞を獲得 画像 ホンダe、独レッドドットデザインで最高位賞を獲得
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース