NTT、トヨタに続きゼンリンと資本業務提携…高度地理空間情報データベースを共同構築

NTTとゼンリンが資本業務提携
  • NTTとゼンリンが資本業務提携

NTTはトヨタ自動車に続き、地図データベースサービス大手のゼンリンと資本業務提携に合意。IoT/AI時代に向けた地図の高度化に共同で取り組んでいくことを発表した。

NTTは、ヒト・モノ・コトのセンシングデータを、リアルタイムに高精度空間情報に精緻に統合し、多様な産業基盤とのデータの融合や未来予測を可能にする「4Dデジタル基盤」の研究開発に着手し、スマートな社会=Smart World 実現への貢献を目指している。一方、ゼンリンは、コト・モノ・ヒトが複雑につながる現代社会にて、グループが保有している位置情報や一般に流通している情報の「量と質」を最適化し、利活用することで新たな価値の創造を目指している。

今回の資本業務提携により両社は、インフラ管理、MaaS・自動運転分野、スマートシティ等の分野における両社のビジネス拡大、およびNTTが構想する「4Dデジタル基盤」に資するため、NTTグループの高精度測位技術、高精度な地図整備・インフラ維持管理のノウハウと、ゼンリンの地図制作ノウハウを活用し、「高度地理空間情報データベース」を2020年度より共同で効率的に構築していく。

なお、NTTはゼンリンの実施する自己株式の第三者割当を引受けることによりゼンリン普通株式7.32%(420万株)を取得する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース