全米自動車労組、米ビッグ3に2週間の生産停止を要求…新型コロナウイルス

GMのアーリントン工場
  • GMのアーリントン工場
  • GMのハムトラミック工場
  • フォードモーターのカンサスシティ工場
  • FCAのスターリングハイツ工場

UAW(全米自動車労組)は3月17日、GM、フォードモーター、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の米国ビッグ3に対して、今後2週間生産を停止することを強く要求した、と発表した。

今回の発表は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けたものだ。すでに、GM、フォードモーター、FCAのビッグ3は、事務系職種に関しては、テレワークの導入などの新型コロナウイルス対策を実施している。

しかし、工場に関しては、共有エリアの清掃と消毒の強化などの新型コロナウイルス対策を講じながら、生産を継続している状態だ。

UAWは、米国ビッグ3に対して、自動車を生産する従業員やコミュニティを保護するために、今後2週間生産を停止することを強く要求したという。UAWは、最も重要なことは、3社すべてが生産の一時停止などを検討することで合意していること、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース