V8マッスルセダンに「レッドアイ」登場か…ダッジ チャージャー最強モデルは797馬力へ

ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)

FCA傘下のダッジが販売する高性能4ドアセダン、『チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ』にハードコアモデルとなる「レッドアイ」が初めて設定されることがわかった。

チャージャーは、1966年に『コロネット』をベースに2ドアファストバックスタイルで登場、最高出力400psという当時としては強力なパワーを特徴としていた。1982年に発売された2代目は、3ドアハッチバックの『ダッジ オムニ』に名を変え『オムニ チャージャー』としてデビュー、1983年からは「チャージャー」として発売された。

その後1987年に生産終了となっていいたが、2005年に4ドアセダンとして復活、2012年、2015年には大規模な改良が行われ現行モデルへ引き継がれている。現在は2ドア『チャレンジャー』の4ドア版という位置づけだ。

そのチャレンジャーの高性能モデル「ヘルキャット」は、最新モデルで717psを発揮するが、新たに設定された「レッドアイ」では797psへと向上している。一方チャージャーは、6.2リットルV型8気筒HEMIスーパーチャージャーを搭載する「SRTヘルキャット」が存在しており、最高出力707psを発揮する。そして今回新たに設定される「レッドアイ」では、「チャレンジャー」同様に最高出力797ps、最大トルク958Nmを発揮、8速ATのみが組み合わされる。

捉えたプロトタイプは、ボンネットフードがカモフラージュされており、エアスクープが再設計されている可能性が高い。またフロントエンドの露出している部分やリアエンドなどからも「チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ」がベースと思われる。市販型では、ワイドボディ最新のステアリングホイール、ブレーキ、タイヤなどが装備されるだろう。

ワールドプレミアは、4月以降の早い時期が予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース