三菱ふそう、電気小型トラック『eキャンター』グローバルで150台納車達成

三菱ふそう eキャンター
  • 三菱ふそう eキャンター

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は3月4日、量産型電気小型トラック『eキャンター』『anter」の納車台数がグローバルで150台以上に到達したことを発表した。

2017年に発表したeキャンターは、同年10月の販売開始から約2年で当初販売目標として掲げた150台を達成した。これまでに日本では関東・東海および北陸地域で合計53台、海外では欧州と米国で合計101台が納車され、走行実績はグローバル全体で合計160万km以上に到達した。日本国内では運輸・物流や小売のほか、Eコマース企業における導入実績があり、近距離の小口配送からルート配送、宅配便の集配や店舗への商品配送等の配送用トラックとして活用。一方海外ではこれらに加えて、行政による造園や廃棄物処理作業といった用途でも活用されている。

排出ガスが一切出ない電気小型トラック eキャンターは、今日の都市が抱える騒音や排出ガス、CO2低減の課題に向けたソリューションとして、国内外の顧客から高く評価されている。従来のディーゼル車と比較して騒音がなく、振動が少ないことから、ドライバーへの精神的・身体的な負担の軽減や、排気ガス削減による職場環境の改善を実現している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース