ホンダ、N-BOX など23万台をリコール バックランプやCVTに不具合

ホンダN-BOX(2017年)
  • ホンダN-BOX(2017年)
  • ホンダN-VAN(2018年)
  • 改善箇所(バックランプ)
  • 改善箇所(CVT)
  • ホンダN-BOX(2017年)のCVT

ホンダは2月27日、軽自動車『N-BOX』および『N-VAN』のバックランプに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2017年7月26日~2019年1月14日に製造された18万5902台。

ヒューズボックスに内蔵されるバックランプ制御リレーの選定が不適切なため、リレー作動時に生成された金属異物がリレー駆動部に挟まることがある。そのため、リレーが導通不良となり、バックランプが不灯となるおそれがある。

改善措置として、全車両、ヒューズボックスを対策品と交換する。不具合は47件発生、事故は起きていない。社内からの情報によりリコールを届け出た。

またホンダは同日、軽自動車『N-BOX』『N-BOXカスタム』のCVT不具合があるとして、2017年7月26日から2019年1月14日に製造されたノンターボ車4万4974台のリコールも届け出た。

CVTのトルクコンバータにて、ロックアップクラッチダンパスプリングの成形が不適切なため、ロックアップ機構作動時に過大な応力がかかり折損することがある。折損したスプリングがトルクコンバータ内部に脱落し、異音が発生し、最悪の場合、トルクコンバータ内部に噛み込み、発進時等にエンストして走行できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、トルクコンバータを良品と交換する。不具合は263件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース