地元の風土で上質なくつろぎを「Casa Home Style Edition」…ジャパンキャンピングカーショー2020

尾州織物・東濃ヒノキ・美濃焼。トイファクトリーの地元の風土が作るくつろぎの空間「Casa Home Style Edition」
  • 尾州織物・東濃ヒノキ・美濃焼。トイファクトリーの地元の風土が作るくつろぎの空間「Casa Home Style Edition」
  • 今回話題の多いToyFactory(トイファクトリー)の展示の中でも一押しだという。
  • 開場には三機種の人気モデルベースの「Casa Home Style Edition」が登場。
  • My Homeへようこそ。という言葉が惹きつける。
  • 木目とグリーンのコントラストは目にも優しい。
  • シート生地やマットレスには尾州織物が採用されている。床材は寺院仏閣などにも用いられるという東濃ヒノキが採用されている、木目が細かく反りにくいのだという。
  • ギャレー周りは美濃焼のタイルがあしらわれる。
  • 基本的なデザインは北欧スタイルを意識しているというが、和の素材感が安らぎをもたらしてくれる。

バンコンバージョンタイプのキャンピングカービルダーとして多くのファンがいるトイファクトリー。ジャパンキャンピングカーショー2020にはトヨタ『グランエース』ベースのコンセプトモデルを出展し、話題豊富だ。

今回の一押しは「Casa Home Style Edition」だ。ベース車両はトヨタ『ハイエース』。「Casa」はイタリア語で「家」を表す。そんなくつろぎを作り上げているのは、トイファクトリーの地元(岐阜県可児市)で産出する素材や地域の伝統技術だ。

シートファブリックには風合いの良い尾州織物を採用。自動車基準の難燃性・耐摩耗性・耐光堅牢度テストなども実施しての採用となった。床材には東濃地方のヒノキ材を用いた。寺社仏閣等にも古くから採用されてきた、細かい木目と反りの少ないそ木材である。抗菌・耐久性にも優れているという。さらにギャレーの周りに美濃焼のタイルが彩を添える。窯業が盛んな東濃地方生まれのキャンピングカーであるというアイデンティティだ。

《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース