ホンダ、ドライバーの意思を読み取り自動運転と手動運転を切り替え…CES 2020で発表へ

ホンダ・オーグメンテッド・ドライビング・コンセプト
  • ホンダ・オーグメンテッド・ドライビング・コンセプト
  • ホンダ・オーグメンテッド・ドライビング・コンセプト

ホンダの米国部門は、2020年1月に米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、『オーグメンテッド・ドライビング・コンセプト』(Honda Augmented Driving Concept)を初公開すると発表した。

オーグメンテッド・ドライビング・コンセプトは、将来の自動運転時代の到来を見据えたコンセプトカーだ。自動運転が実用化されると、ドライバーは運転操作から解放され、新しい方法でモビリティを楽しむことができるようになる。その一方、自ら運転を楽しみたいという欲求も、自動運転車での移動中に抱く可能性もある。

ホンダのオーグメンテッド・ドライビング・コンセプトは、自動運転から部分自動運転へ、シームレスに移行できるのが特長だ。 ドライバーの好奇心に素早く対応するため、自動運転システムは常にスタンバイ状態にある。必要に応じて、車両に介入して制御する準備ができている。

駆動システムは、スイッチで自動運転モードと手動運転モードを切り替える。完全自動運転と部分自動運転など、8つ以上の走行モードを持つ。 車両のセンサーが、各モードをスムーズに切り替えたいというドライバーの意思を読み取り、意のままの運転体験を生み出すという。

オーグメンテッド・ドライビング・コンセプトには、新開発のステアリングホイールを採用する。ステアリングホイールを2回叩くと、車両が始動する。ステアリングホイールを引くと、速度が低下。ステアリングホイールを押すと、加速する。

ホンダは、CESの来場者はオーグメンテッド・ドライビング・コンセプトを、シミュレーションでデモ体験できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツ、自動運転車によるライドシェアの実証実験を開始 画像 メルセデスベンツ、自動運転車によるライドシェアの実証実験を開始
  • VW、自動運転の電動シャトル運行へ…2022 FIFAワールドカップに合わせて 画像 VW、自動運転の電動シャトル運行へ…2022 FIFAワールドカップに合わせて
  • ZFの先進技術を乗って検証! レベル2+自動運転や周波数感応式ダンパーを体感 画像 ZFの先進技術を乗って検証! レベル2+自動運転や周波数感応式ダンパーを体感
  • 完全自動運転でやりたいことは「車窓の景色を眺めながら高級アイス」 インテージ分析 画像 完全自動運転でやりたいことは「車窓の景色を眺めながら高級アイス」 インテージ分析

特集

おすすめのニュース