初出展のGM、ミッドシップになった新型 コルベット を日本初公開へ…東京オートサロン2020

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に初出展し、新型「シボレー コルベット」を日本初公開する。

シボレー コルベットは、1953年にデビューした米国を代表する高性能スポーツカー。8世代目となる新型コルベットは、従来のフロントエンジンレイアウトから、ミッドエンジンレイアウトに変更。直噴6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンとパドルシフト付きの8速デュアルクラッチの組み合わせにより、かつてない新次元のパフォーマンスを発揮する。なお、日本市場へはコルベットでは初となる右ハンドル車を導入する予定だ。

また、初日の1月10日には、2020年型「シボレー カマロ」を発表。開期中は新型カマロと、北米以外では初披露となる新型コルベットの2台を展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース