日産 リーフ 改良新型 運転支援技術進化で安全性向上

日産リーフ
  • 日産リーフ
  • 日産リーフ e+ G(プレミアムコロナオレンジ/スーパーブラック)
  • 日産リーフ e+ G(プレミアムコロナオレンジ/スーパーブラック)
  • 日産リーフ e+ G(ガーネットレッド/スーパーブラック)
  • 日産リーフ G(ステルスグレー/スーパーブラック)
  • 日産リーフ(ビビッドブルー/スーパーブラック)
  • 日産リーフ(ガーネットレッド/スーパーブラック)
  • 日産リーフ(ステルスグレー/スーパーブラック)

日産自動車は、日産『リーフ』をマイナーチェンジし、2020年2月より発売すると発表した(12月16日発表)。

今回のマイナーチェンジでは、運転支援技術「プロパイロット」や自動駐車システム「プロパイロットパーキング」が進化。プロパイロットは、下り坂での設定速度保持や、よりスムースな減速を実現するブレーキ操作などが可能となり、ドライバーのストレスをさらに軽減。また、ワイパー作動時の範囲拡大など機能向上も図った。プロパイロットパーキングは、駐車時の発進や切り返しの際の待ち時間を短縮。さらに据え切りを減らすなど制御を最適化し、車庫入れや前向き駐車の時間を約20%短縮した。

また、全方位運転支援技術を拡充。車線変更時の斜め後方車両との接触回避をアシストする「インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)」を新たに採用することで、全方位で気づきにくい危険を察知できるようになり、さらに衝突回避を支援することで、より安心して運転できるクルマとなった。

コネクテッド機能「NissanConnect」にも新たなサービス・コンテンツを追加。「ドアtoドアナビ」には、目的地に合わせて途中の充電プランを提示する日産初のEV専用機能を追加した。通信によりナビの地図更新を自動で行う「OTA(Over The Air)自動地図更新」や、車内がWi-Fi環境になる「docomo In Car Connect」といった多彩なサービスもリーフに初採用。また、Googleを用いた目的地検索や目的地周辺のGoogleストリートビュー、Google航空写真など、日産初の新たなサービスも採用した。さらに、離れた場所からドアロックが可能な「リモートマイカーチェック/リモートドアロック」、高齢ドライバーなど家族の運転状況(速度・時間・エリア)をスマホアプリで確認できるドライブ制限アラートなど、安心機能も充実させた。

そのほか、9インチの大画面に美しい表面処理を施した「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」を標準装備とした。ボディカラーには、EVの爽快なドライビングフィールを表現した日本新色の「ビビットブルー」や、テクノロジー感にあふれた日産新色の「ステルスグレー」などを含む4色の新色を採用。また、シャークフィンアンテナを全車標準装備とした。

価格は332万6400円から499万8400円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • フィスカーの新型EV『オーシャン』、CES 2020で発表へ 画像 フィスカーの新型EV『オーシャン』、CES 2020で発表へ
  • メルセデスベンツ、2020年に新型車発表へ…EV『EQS』の市販版か 画像 メルセデスベンツ、2020年に新型車発表へ…EV『EQS』の市販版か
  • メルセデスベンツ「EQS」はただのEV版 Sクラス ではない!? ライバルとの違いは 画像 メルセデスベンツ「EQS」はただのEV版 Sクラス ではない!? ライバルとの違いは
  • 高速道路運転のコツを覚えて年末年始も楽しいドライブ…「#脱・高速道路ナーバス 2020年の高速教習」 画像 高速道路運転のコツを覚えて年末年始も楽しいドライブ…「#脱・高速道路ナーバス 2020年の高速教習」

特集

おすすめのニュース