スバル フォレスター、6万7000台をリコール リアサススプリング破損のおそれ

スバル フォレスター(2014年)
  • スバル フォレスター(2014年)
  • 改善箇所

SUBARU(スバル)は11月28日、『フォレスター』のリアコイルスプリングに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2013年3月25日から2015年10月20日に製造された6万6910台。

対象車両は、リヤサスペンションのコイルスプリングにおいて、鋼材と塗装仕様の組合せが不適切なため、コイルスプリング下部とショックアブソーバーのスプリングシート部に石等が噛みこんで塗膜が損傷すると、コイルスプリングが腐食することがある。そのため、腐食が進行し、最悪の場合、コイルスプリングが折損するおそれがある。

改善措置として、全車両、リヤコイルスプリングを点検し、該当するものはリヤコイルスプリングを対策品に交換する。

不具合は374件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • スズキ、スペーシア など6900台を再リコール 再始動できなくなるおそれ 画像 スズキ、スペーシア など6900台を再リコール 再始動できなくなるおそれ
  • スズキ、パレット など51万台を再リコール ブレーキホースに亀裂のおそれ 画像 スズキ、パレット など51万台を再リコール ブレーキホースに亀裂のおそれ
  • トヨタ、アルファード/ヴェルファイア 2万3000台をリコール、アイドリングストップ後に再始動できなくなるおそれ 画像 トヨタ、アルファード/ヴェルファイア 2万3000台をリコール、アイドリングストップ後に再始動できなくなるおそれ
  • スバル フォレスター、タフネス強化の特別仕様車発売へ 撥水シート&カーゴフロアボードなど装備 画像 スバル フォレスター、タフネス強化の特別仕様車発売へ 撥水シート&カーゴフロアボードなど装備
  • 【STI フォレスターXブレイク 試乗】基本を磨き上げて走りの質を向上する 画像 【STI フォレスターXブレイク 試乗】基本を磨き上げて走りの質を向上する

特集

おすすめのニュース