SF作家が描くクルマ社会『答え合わせは、未来で。』 日産がアンソロジー発行

『答え合わせは、未来で。』(日産未来文庫)
  • 『答え合わせは、未来で。』(日産未来文庫)
  • 「答え合わせは、未来で。」(日産未来文庫)
  • イラストレーター10名が未来予想をビジュアライズ
  • 小川哲 第1話「ヒッチハイクごっこ」
  • 氏田雄介 第2話「自動化されたある1日の記録」 他1作品
  • 第2話「自動化されたある1日の記録」ヘルミッペ(イラスト)
  • 第3話「人気住宅街」
  • 第3話「人気住宅街」正一(イラスト)

日産自動車は、同社初のSF小説『答え合わせは、未来で。』(日産未来文庫)を11月26日より2020年1月30日までKindleで販売する。

日産は世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載した新型『スカイライン』を発表するなど、ゼロ・フェイタリティ社会の実現を目指し、最先端の技術開発を進めている。今回の小説のテーマは「自動運転社会の未来」。SF作家や人気作家とタッグを組み、技術とは異なる観点でとらえた、自動運転社会の未来を描いてもらった。

自動運転社会の未来予想を描くのは、7名の人気作家。2017年に『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞を受賞したSF作家の小川哲氏をはじめ、多くのユーザーがSNSでオリジナルの物語を投稿し話題となった『54字の物語』の発案者であり企画作家の氏田雄介氏、さらに、小川哲氏、長谷敏司氏、藤井太洋氏、宮内悠介氏、カツセマサヒコ氏、田丸雅智氏、計7名による全19話のショートストーリーが収められている。

月探査ロケット、冷凍食品、タブレット端末、ネットショッピング、これらはすべてSF作家が的中させた未来だ。車載AIとの会話、信号のない未来など、SF作家たちが創造する未来のクルマ社会と人の暮らしは、近い将来ノンフィクションの世界になるかもしれない。

『答え合わせは、未来で。』(日産未来文庫)は電子書籍アプリKindleにて、1話88円(税抜)で販売中。また、特設サイトおよび日産の公式SNSでは7作品を公開、試し読みができる。

◆日産未来文庫 目次一覧
・第1話「ヒッチハイクごっこ」
・第2話「自動化されたある1日の記録」★
・第3話「人気住宅街」★
・第4話「次の信号まで、持つよ」★
・第5話「青春アクセル」★
・第6話「ボヘミアン」
・第7話「カーファーム」★
・第8話「慎重な男」
・第9話「ラストラン」
・第10話「最強の怪盗と自動運転車」★
・第11話「未来漫才」
・第12話「すべてはGT-Rのために」
・第13話「高速道路」
・第14話「心霊現象」★
・第15話「あの日へドライブ」
・第16話「フオパ氏のお気に入り」
・第17話「HIDEYOSHI 2049」
・第18話「タクシー」
・第19話「ドライブデート」
★印は特設サイトおよび日産の公式SNSでも公開

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • テスラ サイバートラック の未来感&ローポリゴン感がすごい…スーパーファミコン向け? 画像 テスラ サイバートラック の未来感&ローポリゴン感がすごい…スーパーファミコン向け?
  • ガンダムや月面車、近未来を見せるFUTURE EXPO…東京モーターショー2019 最終日 画像 ガンダムや月面車、近未来を見せるFUTURE EXPO…東京モーターショー2019 最終日
  • 【東京モーターショー2019】FUTURE EXPO でちょっとさきの未来を見た[フォトレポート] 画像 【東京モーターショー2019】FUTURE EXPO でちょっとさきの未来を見た[フォトレポート]
  • 中国・百度 創業者が描くAI・自動運転の未来、書籍「AI革命」を翻訳出版 画像 中国・百度 創業者が描くAI・自動運転の未来、書籍「AI革命」を翻訳出版
  • “ハンズオフ”で快適に帰る。日産の「プロパイロット2.0帰宅試乗」を体験 画像 “ハンズオフ”で快適に帰る。日産の「プロパイロット2.0帰宅試乗」を体験

特集

おすすめのニュース