MINI史上最速「JCW GP」、限定240台で受注開始 価格は576万円

MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP
  • MINIジョンクーパーワークスGP

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINI史上最速モデルとなる新型『MINIジョンクーパーワークス(JCW)GP』の予約受付を11月20日より開始した。世界限定3000台のうち、日本へは限定240台の導入となる。

パワーユニットはJCW搭載の2リットル4気筒ターボエンジンをベースに、各部を最適化することで、最高出力はベースモデル比75psアップの306psを発生。トルセンLSD搭載の8速ATとの組み合わせにより、0-100km/h加速5.2秒、最高速265km/hを実現する。サスペンションはベースモデルより10mm下げ、スポーツブレーキシステムを採用。さらにエンジンマウント、ボディ構造、サスペンションシステムの構造を再設計し、ボディ剛性を高めたことで、サーキットにおける走行性能を最大限まで高めている。

エクステリアは、カーボンファイバー製ホイールアーチカバーや大型リアスポイラー、大型エアスクープ、「GP」のロゴをあしらったラジエターグリルなどを装備。ダイナミックなパフォーマンスを想起させるを専用デザインを採用する。インテリアは先代モデル同様、リアシートを装備せず、フロントシートの後ろにはクロスバーのみをシンプルに採用することで、レースの雰囲気を演出している。

ボディカラーは専用開発の「レーシンググレーメタリック」を採用。右ハンドル仕様で価格は576万円。納車は2020年夏頃より順次開始する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース