レクサス RC、スマートデバイスリンクに対応

レクサス RC300hバージョンL
  • レクサス RC300hバージョンL

レクサスは、2ドアクーペ『RC』を一部改良し、10月31日より販売を開始した。

RCは、2014年の発売以来、クーペならではの人を魅了するデザインと、走りへの情熱を駆り立てる走行性能を兼ね備えたモデルとして、レクサスの「エモーショナルな走り」のイメージをけん引してきた。

今回の一部改良では、マルチメディアシステムがスマートデバイスリンク(SDL)に対応した。SDLは、スマートフォンのアプリをカーナビなどの車載機ディスプレイに表示、操作を可能にする連携機能。さらにApple CarPlayやAndroid Autoにも対応。iPhoneやAndroidスマートフォンを10.3インチワイドディスプレイに連携することで、画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が大きく向上した。

価格は567万9000円から721万7000円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • レクサス LF-30 Electrified、EVに期待されるイメージを具現化…東京モーターショー2019[詳細画像] 画像 レクサス LF-30 Electrified、EVに期待されるイメージを具現化…東京モーターショー2019[詳細画像]
  • カーナビタイム、SDLに正式対応 カローラ 新型で利用可能に 画像 カーナビタイム、SDLに正式対応 カローラ 新型で利用可能に
  • LINEカーナビ、車載ナビなどSDL対応機器との連携開始…カローラ 新型も 画像 LINEカーナビ、車載ナビなどSDL対応機器との連携開始…カローラ 新型も
  • LINE MUSIC、トヨタのSDL対応車載器より提供開始 ながらスマホ防止へ 画像 LINE MUSIC、トヨタのSDL対応車載器より提供開始 ながらスマホ防止へ
  • 日本自動車耐久品質調査、レクサスがブランドトップ…全体でも改善傾向 画像 日本自動車耐久品質調査、レクサスがブランドトップ…全体でも改善傾向

特集

おすすめのニュース