三菱 アウトランダー 次期型はこうなる!ボディ拡大、日産 エクストレイル と兄弟車に

三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(欧州仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(欧州仕様)

三菱のミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『アウトランダー』次期型に関する情報をスクープ情報サイト『Spyder7』編集部が入手した。

アウトランダーは、『エアトレック』後継モデルとして2005年に初代がデビュー。2012年には衝突安全強化ボディ「RISE」を採用した2代目が発売、8年の月日を経て第3世代へとバトンタッチされている。三菱車として初めてのプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』は、電動SUVの先駆けとなった。

次期型のプラットフォームは、日産ルノーとの共同開発で『エクストレイル』(海外名ローグ)新型と共有し、兄弟モデルとなる。そのデザインは『エンゲルベルクツアラー・コンセプト』をベースにしたものが有力だ。

Spyder7編集部では、情報をもとに予想CGを制作した。フロントは現在の三菱の流れを組むダイナミックシールドデザインが濃厚だ。薄く長いターンシグナルとLEDデイタイムランニングライトがヘッドライトユニットに組み込まれ、グリルの押し出し感が強調されるだろう。サイドにはエッジの効いた上下キャラクターラインとタイヤハウスラインで立体的な面構成が演出されるほか、リアエンドでは、エンゲルベルクツアラーからインスパイアされた細長いテールライトが採用されそうだ。

パワートレインは、2.4リットル直列4気筒ガソリンエンジン+デュアル電気モーターのPHEVで、EV走行は43マイル(約68.8km)程度が予想される。

ワールドプレミアは、最速で2020年夏が有力だ。

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ 画像 スバル BRZ、大幅改良の果てに「86」と共通化!? プロトタイプをスクープ
  • ランボルギーニ最後のV12エンジン…究極のアヴェンタドール、その名は「SVR」か 画像 ランボルギーニ最後のV12エンジン…究極のアヴェンタドール、その名は「SVR」か
  • 3モーターのテスラ モデルS、最強のプロト車両がニュル降臨…巨大ディフューザーに注目 画像 3モーターのテスラ モデルS、最強のプロト車両がニュル降臨…巨大ディフューザーに注目

特集

おすすめのニュース