米トヨタ、電動車のバッテリー保証を延長…10年間/走行距離24万kmに

トヨタの米国電動車ラインナップ
  • トヨタの米国電動車ラインナップ

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は10月10日、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車のバッテリーの保証期間を、新車登録から10年間/走行距離15万マイル(約24万km)に延長すると発表した。

従来、米国でのトヨタの電動車のバッテリー保証期間は、新車登録から8年間/走行10万マイル(約16万km)だった。今回の保証の延長は、電動車のさらなる普及を促進するのが狙いだ。

米国でのトヨタの電動車の新たなバッテリー保証は、今秋順次発売される2020モデルから適用される。『プリウス』、『プリウスプライム』(日本名:『プリウスPHV』に相当)、『カローラ』、『カムリ』、『RAV4』、『アバロン』、『ハイランダー』、『ミライ』が対象になる。

なお、ハイブリッドバッテリーコントロールモジュール、ハイブリッド制御モジュール、コンバーター付きインバーターなど、バッテリー以外のハイブリッドコンポーネントに関しては従来通り、新車登録から8年間/走行10万マイル(約16万km)の保証が適用される。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集